家庭の安心

保険の役割と種類

備えと守りがあってこそ、家庭の安心があります。

保険の役割

私たちの生活は、昔に比べてより多くのリスクにさらされています。保険は万一の時の負担を少しでも和らげることが出来る、私たちにとって必要不可欠な機能です。保険には、突発的な事故、災害、火災などの経済的損失を補填する損害保険と、人の命と健康にかかわるリスクを経済的にカバーする生命保険があります。

 

 

 

保険の種類

  リスクの種類 事例 保険の種類
損害保険で守る(例) 子供が隣家の塀に落書きをしたなど、思わぬ賠償責任から自分と家族の生活を守る 賠償責任保険
旅行やスポーツ中のけがなど突然の事故から自分と家族の生活を守る 傷害保険
交通事故、加害者にも被害者にもなる可能性があります 自動車保険
火災の原因は、(1)不審火(2)タバコの火の不始末、完全には防ぎきれない怖さがあります 火災保険

守りの保険は事故が起こったときに、真価が問われます

  必要な備え 機能 保険の種類 JUMP
損害保険で守る(例) 万一の時、残された家族の生活を
支えるための備え
死亡保険 定期保険
逓減(逓増)定期保険
こどもの教育資金や
結婚援助資金への備え
生存保険
生死混合保険
(資産形成機能保険)
こども保険
養老保険
終身保険
年金保険
変額年金保険(注1)
老後の備え
病気けがへの備え 第3分野保険 医療保険
がん保険
がんへの備え

※保険のタイプ
死亡保険:残された家族の経済的損失に備えるための保険
生存保険:生きている間の様々な経済的損失に備える保険
生死混合保険:死亡・生存の両方による経済的損失に備える保険
第3分野保険:病気やけがによる入院などの経済的損失に備える保険(=生存保険)
(注1)
この商品は運用リスクや運用にかかわる費用などにより、受取額が支払額を下回ることがあります。ご検討の際には「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご覧ください。

備えの保険はバランスよく加入するのがポイントです

 

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

ほけんの相談室はこちら保険の無料相談の予約はこちら