家庭の安心

万一のときの備え

1. 必要な補償額

一家の大黒柱のあなたに、もし万一のことがあったら、残された家族のためにいったいいくら必要でしょうか?

必要な補償額

 

2. 必要資金と準備済み資金の推移

必要資金は、末のお子さまの誕生をピークに減少します。
準備済み資金のうち、公的年金の額は減少しますが、一般には死亡退職金や預貯金は増加すると考えられます。
したがって全体の必要保障額は減少していきます。

 

3. 死亡保険を選ぶときのポイント

● あなたご自身の必要保障額はどれくらい?
生命保険は住宅に次いで高価な買い物と言われています。したがって、合理的な保険の入り方がポイントです。

● 今、すでに加入している保険のことも考慮に入れて、全体の保障額を考えてみましょう。

● 病気・けがへの備え、老後の備えとバランスを考えて、万一のときの備えの保険を考えましょう

ほけんの相談室では、あなたのライフプランや保険に関する悩みの整理、グラフで表示するライフプランニングサービス、また今ご加入中の生命保険について、保険の内容がよく分からない、いつまで保障が続くのかよく分からないといった疑問にお答えする保険の無料相談会を実施中です。

 

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

ほけんの相談室はこちら保険の無料相談の予約はこちら