家庭の安心

がんへの備え

「がんリスク」は年齢とともに上昇します

がんの患者数は20代から50代までは男性より女性の方が多いのです

男性、女性ともに、おおよそ2人に1人が一生のうちにがんと診断される時代です。

 

早期発見・早期治療でいま、がんは治る病気

医学の進歩の恩恵
その一方で、放射線治療、外科手術、抗がん剤治療で、数回の入院が必要なケースや先進医療で高額な治療費が自己負担になるケースも

がん保険:万が一のときのために、自分自身のために加入する保険です。

 

がん保険を選ぶポイント

一生涯保障が続く終身タイプ?それとも保障が一定期間で保険料が割安な定期保険タイプ?

診断給付金が支払われるタイプ?

手術給付金が支払われるタイプ?

上皮内新生物でも診断給付金や入院給付金などが支払われるタイプ?

先進医療技術料が支払われるタイプ?

入院日数に制限があるタイプ?

 

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

ほけんの相談室はこちら保険の無料相談の予約はこちら

AFH120-2018-5016 8月27日(190827)